10月 10 2013

軽井沢と言えば・・・

軽井沢と言えば有名な行楽地でもあり、景勝地でもありますね。軽井沢は町の景観も非常に美しいだけでなく、自然も豊かであり、暑い夏でも涼しく快適に過ごすことのできますので、纏まった夏の休みを過ごすにはとっておきの場所でして、夏になると別荘をお持ちのお金持ちの方も多数来られます。

別荘地と言えば全国に色々な場所があるにも関わらず、特によく名前が挙がるのがこの軽井沢です。

もちろん過ごし易く穏やかな気候や、静かで落ち着いた環境を考えれば、人気があるのは当然だと思うのですが、それだけでなく、これほどまでに有名になのは、やはり別荘地としての歴史がとても長いからではないかと思います。

それについて少し詳しくお話してみたいと思うのですが、軽井沢は長野県佐久地方にあり、はるか昔江戸時代から、浅間山と言う活火山があることでも有名でして、今でもこの浅間山の麓にある鬼押出し園はとても有名な観光スポットで、溶岩によって自然に作られた火山高原は、まさに自然のアートと呼ぶべき美しいものです。

軽井沢が何時から別荘地として有名になったかと言うと、それは明治期になるのですが、アレクサンダー・クロフト・ショーと言うカナダ人宣教師が軽井沢にやってきます。

そしてこの宣教師はしばらくこの軽井沢に滞在するのですが、軽井沢が故郷のトロントに似ていると感じ、また蒸し暑い日本の夏を過ごすのにも、非常に良い気候であったことから軽井沢を気に入り、佐藤忠右衛門から斡旋を受けた後、軽井沢に別荘を持つようになりました。その後軽井沢は別荘地として良いと噂が広がるようになり、政界人や財界人、画家や作家等多くの文化人にまで広まり、別荘地はどんどん拡張されていくようになりました。このようにして現在のような、別荘地としての軽井沢が存在するんですね。日本の別荘地としては最も歴史が古い別荘地がこの軽井沢なのです。





11月 26 2013

軽井沢でお勧めのレジャー施設

家族旅行で軽井沢と言うのも悪くありません。軽井沢周辺には、観光スポットはもちろん、子供たちと遊べるレジャー施設も沢山あります。

特に人気があるのはおもちゃのテーマパークとして有名な、おもちゃ王国です。

屋内にも屋外にも沢山のアトラクションがあり、屋内アトラクションとしては、トミカプラレールランドやシルバニアファミリー館、アクションゲームワールド、リカちゃんハウス、ピノチオ館、ままごとハウス、ダイヤブロックワールド、木のおもちゃ館等々、施設が充実していますので、雨のせいで屋外アトラクションで遊べないと言う時も、屋内アトラクションで十分楽しむことができるんじゃないかと思います。

屋外のアトラクションはパノラマゴンドラ、ゴーカート、メリーゴーランド、トランポリン、てんとうむし、ドラゴンコースター、チューチュートレイン、リンドバーク、ちびっこ宝島、バッテリーカー、レッツゴートーマス・レッツゴーパーシー、空中自転車、大観覧車等たくさんの乗り物が用意されており、子供も満足間違いなしです。

また屋外ではクラフト体験やアスレチック、動物広場や渓流釣りに、水遊びや砂遊びをすることまででき、自然と触れ合えるようなものもたくさんありますので、子供連れでの思いで作りにはとても良い場所ではないかと思います。





12月 31 2013

ショーハウスと万平ホテルに纏わるお話

今日はショーハウスと万平ホテルに纏わるお話をしたいと思います。

軽井沢で初めて別荘を所有したのは、アレクサンダー・クロフト・ショーでした。そのショーが所有した別荘は、旧軽井沢エリアに現在も在ります。

ショーの邸宅は、かつて一度は別の場所に移築されのですが、ショーハウス復元委員会によって、元の場所に復元することができました。現在は記念館としてオープンしており、入館料(大人は400円、子供は200円)を払えば、自由に中を見て回ることができます。

ちなみにアレクサンダー・クロフト・ショーがこの軽井沢にやってきたとき、元々この辺り一帯は宿場町だった訳ですが、その時は既に宿場町としての機能を失い始めていました。これに危機を募らせていたのが、亀屋旅館の主人である佐藤万平でした。佐藤万平はアレクサンダー・クロフト・ショーがやってきたのをきっかけに、軽井沢で初めての洋式ホテル、亀屋ホテルを誕生させました。現在も軽井沢に存在する万平ホテルは、この亀屋ホテルを前身としており、現在でも営業していて宿泊することもできます。

この万平ホテルの歴史を辿ってみると、佐藤万右衛門が創業した亀屋旅館から数えて、実に250年近くもの歴史を刻んできた、由緒あるホテルであると言えるかと思います。

万平ホテルは、ジョンレノンが生前によく利用したホテルとしても知られていて、ホテルに行くとジョンレノン縁の品も展示してあるとのことです。

軽井沢の歴史を色々知ってみると、気候や自然を楽しむだけでなく、歴史に触れてみることで、より一層軽井沢が好きになると思います。

出典はこちら(軽井沢別荘中古



2月 03 2014

別荘を所有しているという事がステータス

明治期からずっと別荘地として栄えてきた軽井沢ですが、時代は変わっても、別荘所有者が経済的に豊かな人達であるということに変わりはありません。聞くところによると、鳩山元首相の別荘も軽井沢にあるそうなんですが、とにかくこの軽井沢には財界の有力者などの別荘も多数存在しているようです。

つまりこの軽井沢と言うのは、社会階層の上層に位置する人たちが集まってくる場所なのです。

休暇を軽井沢で過ごすのは、彼らにとって特別な意味を持ちます。

例えば軽井沢に存在するテニスコートやゴルフ場というのは、その殆どが会員制だそうですが、単純に休暇中にテニスを楽しむと言うだけではなくて、同じ階層に位置する別荘族としての社交を楽しむ場でもある訳です。

軽井沢に別荘を所有しているという事それこそがその人のステータスとなり、所謂見栄でもある訳ですね。軽井沢にお客さんを招待してパーティーを開いたりということは、一種の自己顕示欲でもあるのかも知れませんね。このように軽井沢は、ある種一部の富裕層のための町のように思われるところがありましたが、ここ最近10年から20年の間に、一般の観光客にも開けてきたのではないかと思います。

やはりきっかけとなったのは91年の長野オリンピックだったと思います。

このときに新幹線が開通して、駅周辺に大型のショッピングモールもできましたし、長野オリンピックの会場にもなった軽井沢アイスアリーナは、2009年に改修工事が行われ、通年型のアイスリンクとなっています。

こちらのサイト(軽井沢別荘中古の情報提供ブログ)は様々な軽井沢の別荘の情報を提供しているブログサイトですので、一度覗いてみてください。



3月 23 2014

不動産購入の流れと予算の話

軽井沢で不動産を購入したいという方は、まず不動産業者を選定しなければなりません。不動産オーナーとなる方は、多くは友達の紹介から業者を選定します。

物件購入に関しても、気に入った物件があれば予め手付金を入れておき、実際に行ってみて気に入ったらその場で契約を交わし、その場でお金を振り込んで購入というのが一般的な手順です。

少し前でしたら、契約を交わした後は一緒に銀行まで行って振り込み、その後入金確認というような流れもありましたが、最近はインターネットバンキングで簡単に振り込みができますし、そういう光景もあまり見られなくなりました。先程先に手付金を入れておくといいましたが、本来的にはこういった行為は、業者としては違反となるので原則はやらないのですが、軽井沢の場合は特殊でして、客層もかなり富裕層に絞られてきますし、軽井沢近郊に住んでいるお客さんの場合はまだいいですが、関西圏などから軽井沢の物件を見に来ると言う場合、手付金を入れさせておかないと、後々熱が冷めてしまって購入をやめてしまうということもありますので、購入意思を確認した上で、手付金を受けとっておくと言うのは基本に近いです。

不動産オーナーの方が莫大な資産家で、予算など特に気にしないと仰るのであれば良いのですが、いくらお金持ちだといっても少しは予算も気にすると思います。

予算ごとの傾向について少しだけ触れておきたいと思いますが、まず1,000万円以内となりますと相当限られてくると思いますが、安い中古物件を南軽井沢あたりで探してみても良いかと思います。

3,000万円以内ですと、千ヶ滝とか中軽井沢あたりがいいと思います。

この辺りは安い物件も結構多いですし、静かで過ごし易い穴場も結構あります。

予算6,000万円以上でお考えであれば心配要りません。軽井沢でトップクラスの別荘を購入できます。