3月 23 2014

不動産購入の流れと予算の話

軽井沢で不動産を購入したいという方は、まず不動産業者を選定しなければなりません。不動産オーナーとなる方は、多くは友達の紹介から業者を選定します。

物件購入に関しても、気に入った物件があれば予め手付金を入れておき、実際に行ってみて気に入ったらその場で契約を交わし、その場でお金を振り込んで購入というのが一般的な手順です。

少し前でしたら、契約を交わした後は一緒に銀行まで行って振り込み、その後入金確認というような流れもありましたが、最近はインターネットバンキングで簡単に振り込みができますし、そういう光景もあまり見られなくなりました。先程先に手付金を入れておくといいましたが、本来的にはこういった行為は、業者としては違反となるので原則はやらないのですが、軽井沢の場合は特殊でして、客層もかなり富裕層に絞られてきますし、軽井沢近郊に住んでいるお客さんの場合はまだいいですが、関西圏などから軽井沢の物件を見に来ると言う場合、手付金を入れさせておかないと、後々熱が冷めてしまって購入をやめてしまうということもありますので、購入意思を確認した上で、手付金を受けとっておくと言うのは基本に近いです。

不動産オーナーの方が莫大な資産家で、予算など特に気にしないと仰るのであれば良いのですが、いくらお金持ちだといっても少しは予算も気にすると思います。

予算ごとの傾向について少しだけ触れておきたいと思いますが、まず1,000万円以内となりますと相当限られてくると思いますが、安い中古物件を南軽井沢あたりで探してみても良いかと思います。

3,000万円以内ですと、千ヶ滝とか中軽井沢あたりがいいと思います。

この辺りは安い物件も結構多いですし、静かで過ごし易い穴場も結構あります。

予算6,000万円以上でお考えであれば心配要りません。軽井沢でトップクラスの別荘を購入できます。